学習のスケジュール管理はとても重要なこと。

特に難関な国家資格を狙いたい方には、スケジュール管理はもちろん、試験などの情報収集能力がポイントになります。

毎日の仕事が忙しく、通勤や学習の場所へ移動する時間がもったいないと思う方にとって、通学による学習方法は向いていません。かといって、難関資格に挑戦する場合、独学で挑戦するには、かなりの自己管理能力と情報収集能力が必要となります。

また、通常の行動範囲内に通学できる塾やスクールがない場合、遠征してまで通学して学習を続けることはモチベーション維持にも無理がかかります。そんな方は、少々コストはかかりますが、通信講座がピッタリの学習方法だといえます。

『合格のためなら出費は惜しくない』という方にとって、通学にするか通信にするかは迷うところでしょう。

では、通信講座のメリットと弱点を考えてみましょう。

通信講座のメリット

日常生活の行動範囲内に通学できるスクールなどがない場合、マイペースを保ちながら、自宅で学び続けることが出来ることが最大のメリット。

通学だと決まった時間にその場所へ行かなくてはなりませんから、仕事を持ったサラリーマンの方など、時間に制約があったり、不規則だったりする場合、マイペースで学習できる通信講座は非常にありがたい学習方法です。

一昔前の通信講座だと、「資料がドサーッと送られてきて終わり・・・」というイメージでしたが、現在の通信講座は、DVDやビデオなど、授業を録画したものが送られてきますので、手元に残り、何度でも繰り返し学習が出来るようになっています。

オンラインスクールの場合、全国の受講生とのコミュニケーションがとれるシステムもあり、同じ目標に向かって学習する仲間と、刺激的な交流が楽しめます。また、専門講師とのメールや直接電話により、通学講座ではあり得ない一種の「個人指導が受けられるシステム」があるのも特筆事項です。

通信講座の強みをまとめてみると、

時間に左右されず、仕事を持ちながらも自宅でマイペース学習が可能

DVD教材などによる繰り返し学習で、苦手分野を克服できる

専門講師と直接コミュニケーションがとれ、孤独感を解消できる

といった強みがあります。

通信講座の弱点

資格取得のためのスキルを通信講座で高めようとする場合、特に難関資格であれば学習期間の長期化が予想されます。

合格にはモチベーションの維持が重要になりますが、それが崩れてしまうと、当初のスケジュールや戦略が崩れてしまいがちになります。孤独感に悩まされることもあるでしょう。

マイペースで学習できる分、その裏側には「いつでも勉強できる」という甘えや油断がつきまとうこともしばし。。。そうした学習意欲を維持するためにも、受講の目的や理由をもう一度思い出し、自己管理能力を高めていくことがポイントになります。

高い授業料になるか、安い授業料になるかは、あなた次第です。

通信講座 Q&A

通信講座は価格が高いといわれますが?

一昔前の通信講座と違い、講座をDVDなどに収録し、こまめに郵送されてくるケースが一般化しています。また、繰り返し学習ができ、専門講師による直接回答や指導が受けられるケースも増えてきていますので、受講中のフォロー体制が充実化していることも通信講座の特徴といえます。高い安いという点では、通学に比べ『お得感』を体感できるでしょう。

DVDやビデオなどを見るだけで理解できますか?

通学形式のスクールや塾に比べると、繰り返し学習が出来る分、講義内容に対する遅れや理解力の向上の点で有利です。「見る・聞く」だけではなく、自分の苦手な分野を克服する意味でも、【再生可能な講義】は、より効果的な重点学習方法といえます。

通学講座のように友人や仲間は出来ますか?

掲示板などによるコミュニケーションが可能なケースが多いようです。特に、施術が必要な資格などの通信講座では、スクーリングで知り合った仲間との交流が活発します。そうした友人や仲間との交流により、モチベーション維持や悩み事の相談をし合ったり、学習だけではなく生涯の仲間としておつきあいするケースも少なくないようです。

通信講座を検討中の方、参考になりましたか?
では、通学講座や独学での資格取得、スキルアップの特徴を考えてみましょう。

通学講座向き
独学向き

100種類以上の豊富な講座【U-CAN】

ユーキャンでは資格・実用・趣味講座と種類が豊富!
あなたのやりたいことも、きっとここで見つかるはず!

まずは無料の資料請求から!

総合ランキング
医療事務
行政書士
ファイナンシャルプランナー
宅建取扱主任者
実用ボールペン字
女性に人気の講座
医療事務
歯科助手
保育士
趣味講座
ビーズアクセサリー
フラワーアレンジメント
パッチワーク
英語講座
ピンズラー英語
英語翻訳
TOEIC(R)テスト
Home > 学習方法の適正 > 通信講座向き