電気管理のエキスパート★電験三種

電験とは電気主任技術者試験の略で、電気工作物の工事、維持、運用に関する保安監督を行う国家資格です。 有資格者は、構内に設置する電圧が5万ボルト未満(出力5千キロワット以上の発電所を除く)の電気工作物を監督することができます。 資格を取得すると国家資格の中でも評価が高い「電気主任技術者」の資格が与えられます。 また、3種を取得後、所定の年数を実務に携わり就労証明を取得すると、無資格で2種の資格を取得できます。

ユーキャン 電験三種 無料の資料請求はこちらから

就・転職 キャリアアップに有利

全国にある電気設備の保安監督者として活躍でき、電力需要が増大している現在将来的にもニーズの高い有望な仕事です。

資格取得後、実務経験を積むことで上級の二級資格を無試験合格できます。

難易度の高いトップクラスの電験三種は就職・転職などの強いアピールポイントになり、定年後の再就職にも有利になります。

的を絞った学習で合格を狙う

試験の傾向は「広く・浅く」。60~70点平均を目安に学習することでプレッシャーもなくなり、合格への確立が高まります。

公式を重点学習することで、約6割以上を占める計算問題を楽にクリアできます。

3年間で4科目に合格すればいい制度で一部の科目について合格した場合、科目合格となります。この場合、合格した科目は2年間試験を受けなくてすみます。

電験三種のお薦めポイント

社会ニーズ、収入、地位も高くなり将来的にも魅力的なライセンスです。

年齢などに関係なく就・転職 キャリアアップに有利。強さを発揮します。

実務経験を積めば上級の二種試験を無試験で取得できます。

総合ランキング
医療事務
行政書士
ファイナンシャルプランナー
宅建取扱主任者
実用ボールペン字
女性に人気の講座
医療事務
歯科助手
保育士
趣味講座
ビーズアクセサリー
フラワーアレンジメント
パッチワーク
英語講座
ピンズラー英語
英語翻訳
TOEIC(R)テスト
Home > 資格講座 > 電験三種