女性のライフプランを考えるときに大きく影響するのが「結婚・出産」。

でも、「結婚して出産した後にもう一度働きたい」と思っても、家事の全てから解放されるわけではありませんよね。

そんな条件のなかでもおすすめできる狙い目の資格は、
「医療事務」「調剤薬局事務」「歯科助手」。

仕事の時間帯がはっきりしている点や時間交代制などが可能なところもあることから、育児や家事で仕事に多くの時間を費やせない主婦の方でも、コンスタントに安定した収入が見込めます。

一般事務や販売員などの仕事と比べると、比較的給料が高いのも魅力ですし、なにより勤務先が病院という家族への安心感も与えられます。

資格が無くても仕事はできますが、競争率の高い仕事なので、就職には修了認定試験に合格した証明があれば断然有利です。

社会的ニーズが高い介護・福祉、保育の分野

昇進・昇給を目指す資格

高福祉社会を目指す日本では、介護や福祉関係の資格制度が急ピッチで進められ、その種類も多様化されました。その中でもニーズが高く役割も重要な資格は、就職難にあっても採用率が高い職種となっています。

特に人材不足が恒常化している病院や介護福祉施設の現場では、『介護福祉士』や介護保険制度のマネジメントを行う『ケアマネジャー』などは、引く手あまたの状態のようです。両資格とも実務経験などの受験資格が設けられているため、現場で働く人のステップアップ資格として人気です。

待機児童ゼロ作戦=高まる保育士のニーズ

保育所、保育ママ、自治体単独施策、幼稚園預かり保育等を活用して、15万人の受入児童数の増加を目指し、待機児童の減少を目指して、2001年からスタートした取組みです。

この取り組みは、女性が社会進出する際に保育サービスへの利用希望が増加し、都市部を中心に多数の待機児童が存在していることが背景にあります。保育施設などの児童の預け入れ環境の充実化は、人材育成や人材確保にも大きく影響し、女性、男性に関わらず保育士の社会的ニーズが高まるばかりです。

不況にも強く独立開業も目指せる資格

幅広い分野での知識を必要とする資格は、多くの業種で知識や技能を活かせる資格でもあり、その代表格がファイナンシャルプランナーや簿記です。就職・転職に有利となるばかりでなく、保険や家計、帳簿といった実生活にも役立つ知識やスキルが身につくメリットも。

行政書士、社会保険労務士など、独立開業系資格の人気が高まっているのも近年の傾向。特に行政書士は、それ自体で独立はもちろん、他の資格の足がかりにもなるため、最初に取り組む資格として人気です。

法律系の分野、金融・保険などの資産や家計に関連する分野、企業の財務・労務など、会社の経営や人材に関わる分野の職業は、好景気でも不景気でも安定して仕事があり、そうした分野の資格が人気です。

女性の感性が活きる資格

女性が第一線で働きたいと思ったら、肩書きになる資格も有効ですが、女性の感性やセンスを生かすなら、日常の生活感覚や消費者意識、ファッションやインテリア関連の分野がニーズも高く、就職にも有利です。

たとえば、「インテリアコーディネーター」や「消費生活アドバイザー」は、日頃、無意識のうちに身に付いた女性ならではのセンスや感覚を十分生かせるスキルです。

「カラーコーディネート」や「フラワーデコレーター」なども仕事に活かせる実践的な知識と技術の資格です。これらの資格は、組み合わせて取得する方が多く、活躍の場をより広げています。

就・転職、再就職に!女性が活かせる人気の資格

資格名称 資格概要
医療事務 病院のレセプト作りなどを主な業務とする事務職。たとえば月末の7日間が忙しいなど、仕事のピーク時や業務時間が明確なので、働く時間の調整が可能です。
ケアマネージャー 介護を必要とする人と、福祉・医療・保健のサービスをつなぐ「架け橋」となる存在。ニーズが高く就職・転職に有利。
介護福祉士 介護の現場で実際に高齢者や身体の不自由な方を介護する唯一の国家資格。介護現場で働く人のステップアップ資格。
保育士 働く親が増える現在、少子化にもかかわらず、保育園に入れられない「待機児童」も多く、ニーズが高い仕事です。
歯科助手 歯科医院などで、受付業務・事務業務からレセプトの作成まで行います。器具や薬品の準備など、診療の補助やサポートなども業務の範囲です。
カラーコーディネート 色彩効果を演出できる配色テクニックのスペシャリスト。ファッション業界、化粧品、食品、建築、広告業界とさまざまなビジネスシーンで活躍できます。
インテリアコーディネーター 快適な住空間を創造する住まいのスペシャリスト。リフォーム需要も増大する中、ライフスタイルや生活感覚にあったセンスが求められてきている仕事です。
行政書士 企業や個人の依頼を受けて、官公署に提出する書類を作成、手続き、またそれらの相談にのることができる資格。
簿記 経理系事務職には不可欠な資格で、どんな会社でも使えるのが簿記技能。年に3回試験が実施され、気軽に受験できるのも人気の要因。
ファイナンシャル
プランナー
個人の人生設計を財政面から総合的にアドバイスする「家計のホームドクター」的存在。昇進・昇給に有利なほか、独立開業も可能。
社会保険労務士 従業員の採用から退職までの労働・社会保険に関する手続きを行う、人事や労務の専門家。独立開業も目指せます。
女性に人気の講座
医療事務
ケアマネージャー
介護福祉士
行政書士
簿記2級・3級
保育士
歯科助手
カラーコーディネート
ファイナンシャルプランナー
インテリアコーディネーター
Home > 女性に人気の資格・講座 > 就職・転職に強い!