調剤薬局で活躍できる資格★調剤薬局事務

調剤事務(調剤薬局事務)とは、調剤薬局で医療保険制度などに基づいて、薬剤料・調剤料の算定をしたり、国や健康保険組合への請求書となる調剤報酬明細書(レセプト)の作成などを行う仕事です。

処方せんを出すのは病院、薬は調剤薬局、という医薬分業が急速に広まり、院外処方が増えている今、調剤薬局での請求事務をできる人材が求められています。

ユーキャン 調剤薬局事務 無料の資料請求はこちらから

調剤報酬って何ですか?

薬は病院や診療所でもらうのが普通でしたが、現在は診察を受けた病院や診療所から処方箋が渡され、「処方箋受付」という看板の出ている薬局に行って薬をもらうケースが多くなっています。この薬局のことを調剤薬局といい、薬代を除いた調剤報酬の収入で経営しています。

調剤報酬は、病院や診療所から発行された処方せんに基づき、調剤薬局(保険薬局)において薬剤師が行う調剤行為(保険調剤)に対して支払われる報酬のことでで、厚生労働大臣によって定められた「調剤報酬点数表」によって算出します。

点数表に基づいて算出した調剤報酬は、患者さんの加入する医療保険の給付率に応じた患者一部負担金を窓口で徴収し、残りの保険給付分を代行機関を経由して保険者に請求します。

調剤薬局事務は、この調剤報酬の請求手続きまでの作業を行うのが主な仕事です。
学歴・実務経験などは不問で、医療関連の仕事に従事したことがない方でも目指せる資格です。

実務スキルが身につく副教材

知識を定着!【トレーニングブック】
テキストを読んだあと、トレーニングブックの練習問題を解くことで、
身についた知識を確認・定着できます。

手書きで学べる【調剤レセプト用紙集】
現場と同じ書式のレセプト用紙でレッスン。
実務感覚が養えて、現場でも即戦力として活躍できます!

実務に役立つ【接遇マナーハンドブック】
実務での応対事例や接客のマナーをまとめまています。
就職後、職場でも重宝する“虎の巻”。

調剤薬局事務のお薦めポイント

ユーキャンの「修了認定試験」に合格すれば、自宅で受験できる権利が得られます!

薬の基礎知識や薬に関する法律、保険のしくみなどが学べ、身近なところで活かせます!

調剤薬局事務は、都合に合った働き方を選べ、フルタイム勤務もパートタイム勤務も可能

総合ランキング
医療事務
行政書士
ファイナンシャルプランナー
宅建取扱主任者
実用ボールペン字
女性に人気の講座
医療事務
歯科助手
保育士
趣味講座
ビーズアクセサリー
フラワーアレンジメント
パッチワーク
英語講座
ピンズラー英語
英語翻訳
TOEIC(R)テスト
Home > 資格講座 > 調剤薬局事務