教育訓練給付金の支給申請をする前に、教育訓練給付金を受ける資格があるかどうかや、
希望する講座が厚生労働大臣の指定を受けているかどうかについて、ハローワークに照会することができます。

受講しようとしている講座の開始日時点で、一般被保険者資格の喪失日から1年以内かどうか、支給要件期間が3年あるかどうかな明らかでない場合は、この方法であらかじめ確認しておくと良いでしょう。

支給要件の照会方法

ハローワークまたは教育訓練施設で配布する「教育訓練給付金支給要件照会表」用紙に必要事項を記入し、本人来所、代理人、郵送のいずれかにより、本人の住所を所轄するハローワークに提出してください。

その際には、本人を確認できる書類を添付してください。

代理人の場合は、委任状が必要となります。また、電話による照会は行っておりません。

照会結果は、「教育訓練給付金支給要件回答書」によってお知らせがあります。

本人・住所確認書類

申請者の本人確認と住所確認を行うための官公署が発行する証明書です。

運転免許証、国民健康保険証、雇用保険受給証明証、住民票の写し、印鑑証明証のいずれかの
原本が必要です。

郵送申請の場合は、住民票の写し、印鑑証明証のいずれかに限定されています。(コピー不可)

支給申請の注意事項

支給要件照会を行った後でも、教育訓練給付金の支給を受けるためには、改めて支給申請を行う必要があります。また、支給要件照会を行わなくても支給申請は可能です。

照会を行った際の受講開始日と実際の受講開始日が異なったり、受講開始日を将来の日付で照会した後に、離職などによって被保険者資格に変更がある場合などは、照会結果の通りに行かない場合がありますのでご注意下さい。

教育訓練給付金の支給申請の手続きについて

100種類以上の豊富な講座【U-CAN】

ユーキャンなら教育訓練給付金制度を利用できる講座が
多数用意されています!

まずは無料の資料請求から!

総合ランキング
医療事務
行政書士
ファイナンシャルプランナー
宅建取扱主任者
実用ボールペン字
女性に人気の講座
医療事務
歯科助手
保育士
趣味講座
ビーズアクセサリー
フラワーアレンジメント
パッチワーク
英語講座
ピンズラー英語
英語翻訳
TOEIC(R)テスト
Home > 教育訓練給付制度 > 支給要件概要