教育訓練給付金の支給を受けようとする場合は、申請手続きが必要です。

教育訓練を受講した本人が、受講終了後、本人の住所を管轄するハローワークに対して、所定の書類を提出することによって行います。

申請は本人持ち込みによる他、代理人、郵送によって可能ですが、郵送の場合は、不着事故防止を防ぐため、簡易書留で提出することをお薦めします。

ユーキャンなら教育訓練給付金制度を利用できる講座が多数!

まずは無料の資料請求から!

申請時の必要提出書類

教育訓練給付金支給申請書

教育訓練の受講終了後、教育訓練施設が用紙を配布します。

教育訓練終了証明書

教育訓練施設の長が、その施設の修了認定基準に基づいて、受講者の教育訓練終了を認定した場合に発行します。

領収書

教育訓練施設の長が、受講者本人が支払った教育訓練費について発行します。

クレジットカードなどによる支払いの場合は、クレジット契約証明書が発行されます。

受領した場合は、申請時に使いますので、なくさないように保管しておきましょう。

本人・住所確認書類

運転免許証、国民健康保険証、雇用保険受給証明証、住民票の写し、印鑑証明証のいずれかの
原本が必要です。

郵送申請の場合は、住民票の写し、印鑑証明証のいずれかに限定されています。(コピー不可)

雇用保険被保険者証

雇用保険受給資格者証でも可能です(コピー可)

教育訓練給付適用対象期間延長通知書

適用対象期間の延長をしていた場合に必要となります。

返還金明細書

領収書やクレジット契約証明書が発行された後で、教育訓練経費の一部が、教育訓練施設から本人に対して還付された場合に、施設の長が発行します。。

申請の時期について

受講終了日の翌日から起算して、1ヶ月以内に支給申請手続きを行ってください。

これを超えた場合、申請が受け付けられません。

虚偽の届出、その他の不正な行為により給付を受け、または受けようとした場合は、不正受給となり、厳しい処分を受けることになります。

総合ランキング
医療事務
行政書士
ファイナンシャルプランナー
宅建取扱主任者
実用ボールペン字
女性に人気の講座
医療事務
歯科助手
保育士
趣味講座
ビーズアクセサリー
フラワーアレンジメント
パッチワーク
英語講座
ピンズラー英語
英語翻訳
TOEIC(R)テスト
Home > 教育訓練給付制度 > 支給申請手続き